ぽっちゃりさんに共通する食の好み

白=脂質・おのずと高カロリーに

一生懸命ダイエットをしても、なかなか成果が上がらない人は、「白っぽい」食べ物が好きなようです。白っぽい食べ物とはクリームシチューやポタージュスープ、グラタン、カルボナーラなどクリーム系のもの、マヨネーズを使った料理です。飲み物ではカフェラテやチャイ、飲むヨーグルトなどミルク系のもので、こうした食べ物や飲み物の問題点は乳脂肪分など脂質が多いことです。ヘルシーと思われがちな豆乳もじつは低脂肪牛乳より30%も高カロリーになります。

食べるなら18時までに

ダイエットのために食事制限していても、白っぽいものを好んで選んでいると自然に一日の摂取カロリーが増えて、結果的に太る原因になります。どうしても食べたいなら活動量の減る夜は避けて昼食でとるか、夕食でなら18時までに食べるようにすることが大切です。また、ダイエット中の炭水化物は必須の栄養素ですが、パンより腹もちのいいご飯でとることをおすすめします。ご飯とパンの違いは塩分を含むか否かで、パンは油脂を含むうえ塩分がたっぷりです。

塩分で水太り、脚太り

これはうどんなどの麺類も同じです。血液の塩分濃度は一定になっているので、塩分を多くとると、そのぶん水分も過剰に取り込むことになります。そのためむくんで、いわゆる水太りになってしまいます。さらに体内の水分は脚にたまって冷やすため、それを防ごうと(断熱材)として脂肪が蓄積しがちです。そこで脚まで太くなってしまうのです。パンや麺類を食べたいなら、一日の食事のうち2食はご飯にし、パンや麺類は1食にします。それも、あとは寝るだけの晩ごはんでは避け、朝や昼に食べるのがベターです。

「妖精」の名がついていますが、魔術の知見とは無関係です。フェアリーレシピは科学的に検証を受けた成分による美容サプリメントです。